Welcome to

Collapse Building

資産があっても住まいを賃貸にする理由とは

  • Post By:
  • Date:

賃貸こそリスク回避として

それなりの資産がありながら、物件を買うのではなく、借りる人がいます。つまりは、賃貸のほうにメリットを見出して、あえて選ぶ人がいるのです。賃貸のアパートやマンションというのは、集合住宅のようなものです。ですから、セキュリティ性が高いのです。耐震性も高いことが多いですから、安心して住むことができます。しかし、そうなりますと買ってもよいのではないか、ということになりますが、借りたほうが資産的なリスク回避ができます。

購入しないという選択

分譲マンションがあるのだから、余裕があるならば購入したほうが得では、と思う人も多いのですが、そうではないのです。まず、固定資産税ではありませんから、余計に費用がかからないのです。そして、何より、そこに定住する必要がなくなります。賃貸アパートや賃貸マンションというのは、いつでも引っ越すことができるのです。これは現役であるときには、非常に大きなメリットであるといえます。安心して、そこに住むことができます。

かかる費用としては家賃以外にも

賃貸物件としては、まず家賃がかかることになります。しかし、ローンよりも安くすることができる可能性が高いです。また、管理費が必要になりますから、覚悟することです。この場合、物件を買えばそれは財産になることのほうがよいと思う人も多いです。しかし、不動産と言うのは、基本的にはどんどん価値が下がることになります。そのあたりをよく理解して、借りるか買うかを決めると良いです。あくまで一生住む可能性が確定的ではないのであれば、借りたほうがよいです。

札幌市東区の賃貸マンションは、実際に住んでみて居心地が悪いと感じたらいつでも他の場所へ引っ越すことができます。