Welcome to

Collapse Building

賃貸探しで考えるのは部屋だけではいけません。周辺環境が大切な理由とは

  • Post By:
  • Date:

賃貸選びでは周辺環境も大事

一人暮らしをするならば、住む場所を見つけなければなりません。その場合、住居は賃貸になるケースが多いです。その時に大切なのが内覧となります。インターネットや雑誌で気に入った物件が見つかったら、その物件を取り扱っている不動産業者に問い合わせをしなければなりません。そして実際に、その部屋を自分の目でチェックをします。それが内覧という物です。この内覧では、紙やデータ以上の事を得られます。しかし部屋だけを見てはいけません。周囲の環境も大切なのです。

周辺環境が大切な理由

駅から近くて、物件も自分の条件に合っているかもしれません。だからすぐに契約をしようとする方も居ます。しかし周辺環境はチェックしたでしょうか。例えば、目の前に公園があるとします。お子様がおられるご家庭でしたら、公園が目の前にある環境は理想的かもしれません。しかし夜になるとガラの悪い人間のたまり場になっていたらどうでしょうか。そもそもその周辺の犯罪率は低いかどうかもチェックする必要がります。治安の悪いエリアはやはり住みづらい物です。

実際に歩いて環境をチェックしましょう

内覧では自動車だけで周囲を見るだけでは無く、実際に歩いて見る事も重要です。自転車でも構いません。自動車で周辺を見た場合、スピードがあるとなかなか見えない物もあります。ちょっとした暗がりだったり、あるいは1人歩いていると危険な場所です。昼間だけでは無く、出来るなら夜もチェックした方が良いかもしれません。昼と夜とでは全く雰囲気が違う場所があります。賃貸を探す際には、その点も気をつけて良い物件を探しましょう。

皆さんがアパートやマンションの広告などで一度は目や耳にしたことがある「賃貸」という言葉、これがある建物はあるものを借りたい人に貸して、その人からお金を徴収するという仕組みだそうです。